カテゴリー

【5月10日・憲政記念館】二宮報徳連合 5月の特別シンポジウム 低線量放射線が日本と世界を救う!

nino
(クリックすると大きな画像が表示されます)

二宮報徳連合 5月の特別シンポジウム
低線量放射線が日本と世界を救う!

5月10日(金)18:00~19:45 (17:00開場)
会 場 : 憲政記念館 ・講堂 (先着 496名 )

シンポジウム参加費1,000円、どなたでも参加可能です。
懇親会は、全国町村会館の地下「ペルラン」にて20時より。会費5,000円
懇親会要予約herofujita7@yahoo.co.jp/080-5543-0111藤田
★会費は、シンポジウムも懇親会も、現地の会場にてお支払い下さい。


◆開会の挨拶 加瀬 英明 先生
一般社団法人放射線の正しい知識を普及する会会長
一般社団法人日本ホルミシス協議会会長
外交評論家、福田・中曽根政権時の首相特別顧問、
「ブリタニカ国際大百科事典」初代編集長、日本ペンクラブ理事、
松下政経塾相談役などを歴任。日本を代表する保守派言論人。

◆基調講演 須藤 鎮世 先生 (4 5分 )
「福島へのメッセージ 低線量放射線がもたらす長寿と制癌」
薬学博士、第1種放射線取扱主任者。専門は細胞遺伝子学、分子生物学。
東京大学薬学部修士課程終了、塩野義製薬、野村総研、伊藤ハム、経済
産業技術総合研究所を経て就実大学薬学部教授・名誉教授。
福島の人々を苦しめ、復興を妨げている根本には、
直線閾値なしモデルに基づいた放射線は限りなく
有害とする誤った考えがあります。これが放射線規制
の基礎となっているため、放射線恐怖症を煽り、その
弊害は甚大なものがあります。放射線恐怖症を少し
でも取り除き、あわせて福島の復興に役立てること
できれば幸甚です。

◆元航空幕僚長 田母神 俊雄 先生 (30分)
第29代航空幕僚長、軍事評論家、政治活動家。
予備役ブルーリボンの会顧問、「日本をまもる会・大東亜聖戦大碑
護持会」会長、太陽の党代表幹事兼国民運動本部長、次世代の党
副代表などを歴任。



主催 二宮報徳連合 (代表 藤田裕行 )

協賛 一般社団法人 放射線の正しい知識を普及する会 (会長 加瀬英明)
日本放射線ホルミシス協議会 (会長 加瀬英明)
NPO法人 生活習慣病予防学術委員会 (代表理事 野中宏泰)

後援 株式会社 世界出版 (代表取締役社長 茂木弘道)
一般社団法人 楽健道協会 (代表理事 京谷達矢)
リハコンテンツ株式会社 (代表取締役社長 山下哲司)