カテゴリー

7月20日郡山ビッグパレットのコンベンションホールにて、 福島安全宣言の大会が開催されました

7月20日郡山ビッグパレットのコンベンションホールにて、 福島安全宣言の大会が開催されました。 高田純教授がSAMRAI2014の結論に基づいた報告の後、浪江町復活の牧場の山本さんらが登壇、安全宣言と参加者の決議が行われました。福島、そして日本の復興と正しい科学知識の普及のために、このような大会が郡山で開催されたことの意義は大変大きなものです。

報告はこちらのサイトに掲載されています。

「昭和20年8月6日1発のウラン爆弾で壊滅した広島は、2か月後の10月には市内電車がほぼ全線再開するなど復興は順調でした。 500m圏内で辛くも生存した78人も障害を克服し、死亡時平均74歳と長生きしています。一方、平成23年3 月1 1日、地震で核反応を停止しながらも津波に襲われ冷却機能を失った福島第一軽水炉原発は、放射線死亡ゼロ人の低線量事象ですが、4年経った今も、20km圏内は復興していません。しかも全国の全ての原発が停止したままです。両者の違いは、明らかにおかしいと思いませんか?
昨年12月の総選挙で延期となった放射線科学会議SAMRAI2014は、今年3 月24日衆議院第一議員会館で開催され、国内外の科学者5人が福島の放射線について報告しました。私はそのメンバーの一人で、会議の結論は、本日の報告と完全に一致しています。正しい放射線の知識の普及、政治的判断で強制した食品中の放射能基準を前原子力安全委員会の指標による基準に戻すこと、福島20km圏内に科学の目を入れ復興させる、停止させられた原子力施設の再稼働など7項目を、日本政府へ提案いたしました。
中央アジアでは中共の未曾有の核爆発で19万人以上が死亡、第五福竜丸事件の真相は売血輸血による肝炎であるのに、唯一の核被爆国と独断し日本では真実の報道がなされていません。今こそ、核放射線について正しい知識を持って、福島20km圏内を復興再建する時ではないでしょうか。 福島は安全です。」

http://rpic.jp/cgi-bin/topics/topics.pl?topicsid=00084

2分で分かる動画はこちらを参照ください
https://www.youtube.com/watch?v=LzL-DDGeAAw&feature=youtu.be