カテゴリー

SAMRAI2014 結論と提案

昨日3月24日、当会主催の研究会SAMRAI2014が衆議院議員会館国際会議室にて無事開催され、有意義な発表と冷静な科学的識見が提示され成功の裡に閉会することができました。ご登壇いただいた諸先生方、ご参加いただいた方々、またボランテイアの皆様に深く感謝いたします。取り急ぎ、先日の結論と提案を報告いたします(広報)

SAMRAI2014 結論と提案
第一回放射線の正しい知識を普及する研究会・SAMRAI2014 が2015 年3 月24 日、日
本国衆議院第一議員会館で、「福島の低線量率放射線の科学認識と20km 圏内の復興」を主題に開催されました。一般の人たち、科学者・技術者、報道、国会議員ら240 人が出席するなか、日本、アメリカ合衆国、英国から5 人の放射線科学の第一線の専門家が、次の論点で報告しました。

  1. 福島軽水炉事故の低線量に関する総括と20km 圏内の最新の科学データ
  2. 高線量だったチェルノブイリ黒鉛炉事故との比較
  3. 低線量率放射線の生物学的理解
    放射線リスクの閾値なし直線LNT モデルの低線量域への適用の非科学の指摘
    低線率放射線の人体へのプラス効果(健康増進効果)
  4. 低線量放射線が無害であるにもかかわらず、諮問機関にもとづき日本政府により行われている過剰な放射線政策の非科学的な問題点
  5. これらの政策と誤解により社会が受けた大きな困難の克服のための社会教育の方策
  6. 他のエネルギー源に比べて核エネルギーの安全性の歴史的記録
  7. 科学的な知見に基づいた避難方針と事故を防ぐ措置により、福島第一原子力発電所による悲惨な結果を回避する方法

本科学会議の結果、福島の低線量率放射線では住民に健康リスクがないこと、そして20km 圏内の復興の遅れや、放射線の誤った情報の広がりによる社会の混乱が、国際的組織により、日本とその政府組織のみならず、世界的に生じていることが確認されました。(中略)

SAMRAI2014 で報告した5 人の科学者は、日本および世界が正しい放射線の知識を得て、社会の混乱を終息させるために、次のことを日本政府へ提案いたします。

  1. 福島県民の低線量率放射線の事実と住民に健康リスクがないことの科学理解を、国内外へ普及するために、日本政府は最大限努力する。
  2. 全ての国民、そして特に福島県で強制避難している人たちに正しい放射線の情報と科学が届くように、科学講習が受けられる環境を整えること。
  3. 政治的判断で強制された食品中の放射能の基準を、前原子力安全委員会の指標による基準に戻すこと。
  4. 福島20km 圏内の放射線の線量の現実的な評価をするために、専門科学者および、あるいは放射線管理官が個人線量計を装着した形で、住民のように住宅に滞在したり暮らすことが許可されるべきである。
  5. 福島第一原子力発電所20km 圏内のブラックボックス化した状況をあらため、浪江町で継続する和牛の飼育試験の民間プロジェクト等の帰還へ前向きな取り組みを国としても認識し、支援すること。
  6. 福島第一原子力発電所20km 圏内の地震津波で破壊されたインフラの早期な復旧を実現し、帰還希望者の受け皿を整えること。
  7. 日本の原子力施設は適切な改善がなされた後、可能なかぎり迅速に再稼働されるべきである。

高田 純博士 札幌医科大学教授、SAMRAI2014 プログラム委員長
モハン・ドス博士 フォックスチェイス・キャンサー・センター准教授
服部禎男博士 元電力中央研究所理事
中村仁信博士 大阪大学名誉教授
ウエイド・アリソン博士 オックスフォード大学名誉教授

http://rpic.jp/topics/images/docs_00078_3.pdf

放射線防護情報センターの下記ホームページにて、昨日に配布された研究会資料、核科学者の論文などがすべて読むことができます。ぜひともクリックしてご覧ください。

http://rpic.jp/cgi-bin/topics/topics.pl?topicsid=00078