カテゴリー

加地伸行 第四世代原発、残った希望(MSN産経ニュースより)

産経ニュースの記事を紹介させていただきます。加地伸行氏はご存知のように大阪大学名誉教授で東洋学者、儒教、中国文化についての様々な著書を執筆されておられます。

なお「パンドラの約束」DVDは今年10月31日発売予定です(アマゾン等)(広報)

立命館大フェロー・加地伸行 第四世代原発、残った希望

2014.6.22 03:02

 久しぶりに映画を観(み)た。アメリカのドキュメンタリー「パンドラの約束」である。

こういう大筋。原発反対の人物が問題を掘り下げてゆくうちに、原発が必要という立場に変わってゆく過程を描いている。

その人物とは、この映画の監督のロバート・ストーン。これまで反原発や地球環境保全などをテーマにして話題のドキュメンタリー映画を送り出してきた、実力派である。

この映画は、原発の歴史を明晰(めいせき)に示す。すなわち第一世代から発展して、現在は第四世代の開発が進む。問題の福島第1原発は古い世代であり、大量の使用済み燃料を出し処分に困るようになる。しかし、最新の第四世代の例えば高速炉は、クリアすべき技術的課題は多いものの、第一世代と同量の燃料で数倍の電力を生み出せ、放射性廃棄物を炉内で燃やせる。廃棄物の再利用をしており、古い世代の原発の問題点を技術の進歩で解決しつつある。

ところが、原発反対論者は古い世代の古い知識レベルのまま反対しているにすぎない。いわばイメージ反対論である。

反対論者が頼る再生エネルギー発電(太陽光・風力など)はコストが高い上に実力がなく、原発に太刀打(たちう)ちできない。結局、現在では火力発電が頼りになるが、コスト高のみならず、決定的な致命傷がある。環境破壊の最大原因であることだ。火力発電によって地球上に厖大(ぼうだい)なCO2を排出し、地球温暖化を進めている。これが地球の自滅に至ることは言うまでもない。

ギリシャ神話に依(よ)れば最高神のゼウスは災いなどを封じ込めた箱をパンドラに与えた。その開けてはならない玉手箱を人間社会に来たパンドラが開いたため、災いも世に散らかってしまった。しかし急いで閉じたので希望だけが残ったという。

この〈希望〉こそ第四世代原発に依る発電であり、火力発電は災いを生むだけである。そういうことを映画は語っていた。心に残る見識である。

日本の原発問題は(1)地震・津波によって破壊された福島第1原発問題と(2)原発一般論との2つに分けて考えるべきである。

(1)の場合。廃炉に直進せよ。同原発の周辺地域を国有化し、人が住まないようにしつつ、慎重に無害化の道を取れ。

(2)の場合。日本の原子力技術は一流である。第四世代さらには第五世代へと技術革新をし、たとい活断層の上にあり震度7の地震が来ても耐えうる最新の原発を創出し、かつ世界に輸出して広めるべきであろう。

いま日本では、元首相の2人その他が何の定見も知識もないのに、ただ感傷的に原発批判をしている。愚かな話である。

世の人々も、無責任な原発反対論に耳を貸すよりも、「パンドラの約束」をまず観るべきであろう。文科省も思い切って全国の中学生高校生に同映画を観させ、見識というものも学ばせるべきではなかろうか。

『荀子(じゅんし)』勧学篇に曰(いわ)く、「高山に登らざれば、天の高きを知らず。深谿幽谷(しんけいゆうこく))に臨(のぞ)まざれば、地の厚(あつ)きを知らず」と。(かじ のぶゆき)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140622/art14062203020002-n1.htm

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140622/art14062203020002-n2.htm