カテゴリー

人は放射線なしには生きられない~第9回放射線防護研究会シンポジウム報告記事紹介

人は放射線なしには生きられない~第9回放射線防護研究会シンポジウム カリウム40による内部被曝こそ生命活動の根源

2013年11月24日(日)、日本青年館で、「人は放射線なしには生きられない」をテーマに、第9回放射線防護医療研究会が開催された。放射線防護研究の第一人者である高田純教授(札幌医科大学大学院医学研究科)や放射線ホルミシス研究の権威である服部禎男氏(元電力中央研究所理事)らが講演し、福島県民の放射線被曝のモニタリングや放射線医学の最先端の情報を提示した。

福島県民の被曝、宇宙飛行士より圧倒的に少ない値

「放射線ゼロがいい」は、現代物理学を知らない人の言葉。放射線がゼロならそもそも宇宙も生命も存在しない。高田氏は、そう述べ、放射線被曝による身体的影響の事例をあげた。

例えば、上空ほど電離放射線による被曝は強くなる。宇宙飛行士は1日あたり1mSv(ミリシーベルト)を浴びるが、とくに健康に悪影響はない。

2011年の福島第一原発事故での福島県民のヨウ素131による甲状腺被曝線量は最大で35mSv、外部被曝線量は10mSv以下、セシウムによる内部被曝は99.98%が1mSv未満で、宇宙飛行士よりも圧倒的に少ない値と高田氏は指摘。

ラジウムなど放射性温泉に類似した範囲

また、今回のシンポジウムでは「人は放射線なしには生きられない」をテーマとしたが、ラジウム温泉などのラドン被曝(アルファ線)の健康効果を考えると、むしろ微量の放射線はヒトの身体に有益で、「人の健康維持に適量の線量率は0.001~100mSv/日と考えられる」と高田氏。広島・長崎の生存者の疫学研究から判断して、上限で100mSv/日と考えるのが合理的とした。 ※線量率:単位時間当たりに物質に吸収または照射される放射線の量。

生涯線量でも年間線量でもない。1日の適応線量(線量率)が、100mSvということである。例えば、紫外線により一重項酸素という活性酸素が発生する。そうした強い日差しの下での人の1日のDNA損傷は100mSvにも匹敵すると高田氏は推測する。

これについては科学的な検証の裏付けもある。2009年発行の権威ある放射線医学誌『Radiology』で、モーリス・チュビアーナ博士(フランス医科学アカデミー代表)、ルードビッヒ・ファイネンデーゲン博士ら4名の放射線医学の世界の最高峰の学者らの論文が掲載、「毎日、活性酸素により200ミリシーベルトと同様のDNAの二重鎖切断が発生する」とされている。

この活性酸素により毎日細胞あたりで発生するDNAの二重連鎖切断は8個。これは放射線による損傷に置き換えると1日あたり200ミリシーベルト、1時間あたり8.4ミリシーベルトの線量率に類似するという。この日々200mSv相当の活性酸素によるDNA損傷については、大人も子供も「最低でも」ということである。(以下略)

http://health-station.com/new182.html

以下は、ぜひ上記ホームページアドレスをクリックしてご覧ください。

健康・予防医療の情報サイト ヘルスネットメデイアの記事から紹介させていただきました。