カテゴリー

シンポジウム:人は放射線なくして生きられない 放射線防護医療研究会報告

放射線防護医療研究会ホームページに、11月24日に開催された研究会の報告が掲載されました。ぜひクリックしてご覧ください。

シンポジウム:人は放射線なくして生きられない

高田純、服部禎夫、川島朗、中村信仁、百瀬琢麿らが、第9回放射線防護医療研究会で11月24日報告、最先端の放射線医科学を大討論。低線量率放射線は健康に有益、 福島20km圏の強制避難は即刻解除すべき。前民主党政府が決めた立ち入り警戒区域地図はズサンな空間線量率調査で科学的な根拠なし。

同日、論文集「放射線防護医療9」が刊行。特別報告の浜岡原子力発電所および高速増殖原型炉もんじゅ再稼働に向けた取り組みを含む、全報告者の論文が収録されている。

日本の役割は大きく、研究の推進が、フランスおよびアメリカなど自由主義陣営から期待されている。

放射線議連、復活の牧場、福島を人道科学で支援する会より、ご来賓のあいさつをいただきました。研究会開催を支援くださいました企業の皆様に、熱く御礼申しあげます。また、放射エネルギーを得て、健康生活をされている皆様に、今回、多数参加いただきました。事務局のみなさん、とりわけ、完璧な事務準備をやり遂げた水谷さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

人は放射線なしに生きられない、健康増進を目指した低線量率放射線の医科学研究を推進してまいります。 (J)

http://rpic.jp/cgi-bin/topics/topics.pl?topicsid=00039

高田純 理学博士

放射線防護医療研究会 代表世話人