カテゴリー

一般社団法人 日本ホルミシス協議会 設立記念講演会報告(2018年11月27日)

一般社団法人 日本ホルミシス協議会 設立記念講演会報告(2018年11月27日)

 2018年11月27日午後1時、一般社団法人日本ホルミシス協議会設立記念講演会が、参議院議員会館101会議室にて、午後1時より開催されました。参加者は約100名、主催者によれば、もっと大きな会場を取るつもりだったが諸事情により難しく、今回は人数制限をするしかなかったが、来年度はより大きな会場でこの問題を訴えたいという報告がまずなされました。

 最初に外交評論家で、今回、一般社団法人日本ホルミシス協議会会長に就任した加瀬英明氏が開会挨拶を述べました。加瀬氏は、東日本大震災当時、当時の民主党政権のマスコミも、放射線についての正しい知識も冷静な視点もなく、間違った対策を取ってしまったことに危機感を感じ、放射線に対する正しい知識を普及するための会や議員連盟を作ろうとしたこと、また、日本は被爆国であるにもかかわらず、放射線についての国民的な知識が乏しいことへの危機感をまず指摘しました。

 その上で加瀬氏は、友人であるスキーヤーであり冒険家の三浦雄一郎氏の言葉を紹介し、三浦氏は、日本人は、仕事や勉強については、「攻める」姿勢を持つのに、それ以上に重要な健康に対しては「守る」「維持する」といった発想しかない、と述べていることを紹介しました。  そして、この健康を維持し、単に平均寿命ではなく「健康寿命」を維持することこそが、これからの高齢化社会には重要であり、そのためにも、このホルミシスの考えが最も大切であること、その発想を今後発展させていきたいと述べました。

 中村仁信 免疫系を活性化する放射線ホルミシス

 続いて、大阪大学名誉教授で、日本ホルミシス協会理事長の中村仁信が登壇。「免疫系を活性化する放射線ホルミシス」と題して講演を行いました。  中村氏はまず、東日本大震災直後、大阪で「たかじんのそこまで言って委員会」という人気番組に出演し、長く放射線医学に携わってきた立場から、低線量放射線は怖くない、むしろ健康にいいと語り、大パッシングを受けたけれども、同時に、自分もそう思うという人も集まってきて、大阪でホルミシス協会を作ることができた、今回、こうして日本全体のホルミシス協議会ができたことの意義は、そう思えばとても大きいと述べました。