カテゴリー

放射線が本当のリスクでない時 2015年9月21日 ニューヨークタイムス 科学欄 ジョージ ジョンソン

ニューヨークタイムズに、当会のSAMRAI2014が紹介されました。

放射線が本当のリスクでない時

2015年9月21日 ニューヨークタイムス 科学欄   ジョージ ジョンソン

今春、福島の原子炉事故から4年経って、少数の科学者たちが東京において、あの恐ろしい事故のその後の危険性を討論する会合を開いた。 

誰も放射線によって、死亡したり病気になったものはいなかった――この点は先月IAEA(国際原子力委員会)によって確認された。福島の原子力発電所関連の従業員の間でさえも今後この事故の関連で癌になる人の数はあまりに低くて計る事が出来ない、統計的な雑音の中に埋もれてしまうと言う事である。