カテゴリー

第25回「高橋信次記念講演・古賀佑彦記念シンポジウム」開催のお知らせ

第25回「高橋信次記念講演・古賀佑彦記念シンポジウム」の開催

主 催:医療放射線防護連絡協議会

当協議会の年次大会は、高橋信次先生の名前と古賀佑彦先生の名前を冠に、毎年12月の第2週の金曜日に「高橋信次記念講演・古賀佑彦記念シンポジウム」として開催致しております。

今回は1/4世紀の25回を記念して「原子力災害から学ぶ新な医療放射線防護」をテーマに開催します。

高橋信次記念講演は、Jacques Lochard先生から、原発災害における人の影響として、社会的影響と心理的影響に関する講演を頂きますます。教育講演は、柏倉幾郎先生から医療従事者に対する放射線教育や被ばく医療の取り組みについて紹介します。両先生とも、今回の福島東京電力第一原発災害に関連して、活動しております。また、午後の「古賀佑彦記念シンポジウム」では、「原子力災害から学ぶ新な医療放射線防護」をテーマで行い、総合討論においては、今回の「原子力災害から学ぶ医療放射線防護の課題」について参加者の皆様と検討します。

医療分野を含め他の分野の放射線安全に関わる多くの方々のご参加をお願いします。

 


緊急連絡(重要)12月3日の研究会は来年に延期いたします。

緊急連絡(重要)12月3日の研究会は来年に延期!   →【2015年3月24日(火)に開催決定】第一回放射線の正しい知識を普及する研究会     各位

想定外の解散・総選挙の動きとなり、11月21日に衆議院解散、12月2日に総選挙の公示、12月14日に投開票となる見通しです。

公示期間中の議員会館の使用は出来ない規則になっているとの連絡が放射線議連からあり、対応策を検討しました結果、延期やむなしの結論に至りました。

代替会場を確保しての開催も検討しましたが、①時間的に余裕が無い、②会場使用料の負担が大きい、③議連の先生方を含む政治家諸氏が参会しない研究会では弊会の目的とするものが少しく達成できない、との判断です。