カテゴリー

加地伸行 第四世代原発、残った希望(MSN産経ニュースより)

産経ニュースの記事を紹介させていただきます。加地伸行氏はご存知のように大阪大学名誉教授で東洋学者、儒教、中国文化についての様々な著書を執筆されておられます。

なお「パンドラの約束」DVDは今年10月31日発売予定です(アマゾン等)(広報)

立命館大フェロー・加地伸行 第四世代原発、残った希望

2014.6.22 03:02

 久しぶりに映画を観(み)た。アメリカのドキュメンタリー「パンドラの約束」である。

こういう大筋。原発反対の人物が問題を掘り下げてゆくうちに、原発が必要という立場に変わってゆく過程を描いている。

その人物とは、この映画の監督のロバート・ストーン。これまで反原発や地球環境保全などをテーマにして話題のドキュメンタリー映画を送り出してきた、実力派である。

この映画は、原発の歴史を明晰(めいせき)に示す。すなわち第一世代から発展して、現在は第四世代の開発が進む。問題の福島第1原発は古い世代であり、大量の使用済み燃料を出し処分に困るようになる。しかし、最新の第四世代の例えば高速炉は、クリアすべき技術的課題は多いものの、第一世代と同量の燃料で数倍の電力を生み出せ、放射性廃棄物を炉内で燃やせる。廃棄物の再利用をしており、古い世代の原発の問題点を技術の進歩で解決しつつある。


美味しんぼ」論争・科学者からの反論~非科学的な“風評加害”は許せません(高田純札幌医科大学教授論文)紹介

以下に、ネットで公開されている月刊VOICE掲載の札幌医科大学高田純教授の論考「「美味しんぼ」論争・科学者からの反論~非科学的な“風評加害”は許せません」の後半部を紹介いたします。高田氏は前半でこの漫画の問題点を説明しておられますが、さらに重要なのは、福島復興と帰還は可能であることを論じた後半部と思い、そちらを中心に紹介させていただきました(広報)

高田純(札幌医科大学教授)

(前略)

政府の誤推定では未来永劫、浪江町に帰れない

私は先述のように、東日本大震災の翌4月8~10日に福島県民の放射線衛生を調査しました。浪江町民から、残してきた牛たちを見てきてほしいといわれ、末の森に行きました。一人で畑の放射能測定をしていたら、遠くにいた20頭ほどの黒毛和牛たちが集まってきました。飼い主たちがいなくて淋しかったのでしょう。そのなかで下痢や脱毛など、急性放射線障害を示す牛は一頭もいませんでした。これは低線量率の証拠です。現地では、牧畜家の元浪江町議会議長の山本幸男さんに偶然出会いました。それ以来、牛たちの放射線衛生調査を継続しています。最大の悲劇は、政府による非道な殺処分です。牛3500頭、豚3万頭、ニワトリ44万羽、馬100頭が犠牲になりました。民主党政権から始まった風評加害事件はまるで中世の魔女狩りです。

誤解されるようですが、放射能は伝染病ではありません。放射能は弱まり、消滅する法則があります。半減期が短い核種ほど強い放射線を出しますが、最初に消滅します。半減期が約8日間の放射性ヨウ素は、すでに消滅しています。大気中および体内のセシウムも3年たったいまでは大幅に減少しています。

福島第一原発の境界敷地でも2日間の測定をしました。胸に装着する個人線量計で積算線量を確認すると、0.1ミリシーベルト。震災元年4月の2泊3日の現地調査では1日当たり0.05ミリシーベルトです。この低線量率は危険でないので、私は持参していた防護服とマスクを着用しませんでした。もちろん当日、私に鼻血はなく、脱毛もなく、いまも髪はフサフサです。

2年目の3月に、政府が年間50ミリシーベルトを超えると断定し、帰還困難区域と指定した浪江町末の森にある山本さんの自宅で、2泊3日の調査を行ないました。すると1日の実線量は0.05ミリシーベルト、年間17ミリシーベルトだったのです。政府の調査は畑での空間線量率を測り計算しているので、3倍くらいの過大の線量評価になっています。政府の誤った線量推定では未来永劫、浪江町には帰還できません。この地は政府が放置し、まったく除染がされていないのです。放牧地と自宅周辺の除染をすれば、すぐに年間5ミリシーベルト以下に改善できます。

5月14日、日本人初の国際宇宙ステーション船長を務めた若田光一さんが、半年ぶりに、ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原に帰還しました。そのときの映像をテレビで観ましたが、彼は至って元気そうでした。もちろん、鼻血は垂れていません。宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション内で受ける線量率は1日1ミリシーベルトです。この線量率は、地表の平均値の30~300倍です。今回の若田さんの場合は188ミリシーベルトになります。


原発ドキュメンタリー映画「パンドラの約束」を見て想うこと(生活者主権の会ホームページより)

「生活者主権の会」ホームページhttp://www.seikatsusha.org/に、下記の原稿が掲載されました。

著者のご了解の上、紹介させていただきます。

(広報)

原発ドキュメンタリー映画「パンドラの約束」を見て想うこと

東京都文京区 松井 孝司