カテゴリー

映画『パンドラの約束』  全国で公開

映画『パンドラの約束』

・「原子力発電こそが破局的な気候変動から地球を救う」と真面目且つ論理的に訴えており、多くの国民にイデオロギーを超えて鑑賞して欲しい映画である。

・監督のロバート・ストーン氏は環境保護論者で、長年に亘り反原発運動を展開する筋金入りの環境運動家であったが、世界の実態を知り「貧困から逃れ、地球温暖化を避ける唯一の道を世界にもたらすのが原子力エネルギーだとしたら?」と考えるようになり、原子力発電の推進を支持する立場に転換した。

・過去において原子力エネルギーに異を唱えていた主張を180度転換させたことが映画出演によって明らかになり、キャリアと評判が失墜しかねないリスクを負ってまで“転換”を語る元・反原発主義者たち多数を登場させ、その姿を力強く描写している。

・事実と異なる主張によって相変わらず原発反対を叫ぶ声も紹介し又、思惑から先端の研究・実験に介入してストップに導く政治家の動きも

取り上げているが、映画の主張は明白である。

「我々はリスクに対して現実的な見方が必要だ。文明の利器(即ち、原子力エネルギー)の活用はリスクを伴うが、化石燃料使用のリスクば原子力エネルギー依存のリスクを遥かに上回る。」

・4月12日に先行上映が始まった名古屋・伏見ミリオン座では、上映が今月9日(金)までと1ヶ月近くに及ぶ。又、福岡中洲大洋や横浜ニューテアトルでも4月19日に公開したが、前者では今月15日(木)まで、後者は今月16日(金)までの続映(更なる延長もあり得る模様)が決まっており、好評ぶりが窺える。

尚、この映画に対する反原発派の沈黙が顕著である。反論したくともできない状態なのであろう。