カテゴリー

福島第一原発作業員の日常を描いた漫画『いちえふ』第一巻発売(講談社)

福島第一の日常、元作業員が漫画に 異例の初版15万部

朝日新聞デジタル 4月26日(土)16時20分配信

 東京電力福島第一原発の作業員の日常を描いた漫画「いちえふ」が話題だ。昨秋から漫画誌「モーニング」(講談社)で連載が始まり、23日に発売された単行本第1巻は、無名の漫画家としては異例の初版15万部を出荷。声高な主張はなく、作業員の目から見た「福島の現実」を、克明に、淡々と記している。 作者は竜田一人(たつたかずと)さん(49)。大学卒業後、職を転々としながら漫画家としても活動してきた。転職を考えていたころ、東日本大震災が起きた。高給職場を求めつつ、日本に住む者としてできることはないかとの思いもあり、2012年6月から半年間、地元で「いちえふ」と呼ばれる福島第一原発で働くことになった。

作品の特徴は微に入り細にわたる描写だ。敷地内に入り作業を終えて出るまでの、マスクや防護服といった装備、放射線量のチェック手順などは、まるでマニュアルのよう。作業前の「ご安全に!」といったかけ声や、被曝(ひばく)線量のチェック装置から4回目の警告音が鳴ると作業終了という、経験者こそが知る細部も描かれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000033-asahi-soci

以前にもこのホームページで紹介しました、福島の問題をあくまで現場の労働者の立場から描いた『いちえふ』という漫画が出版されました。この漫画を読んで驚くのは、現場の様子が実に克明に記され、安全確認がどのようになされているかがよくわかること。当然現場で写真など撮影できるはずもなく、メモもせいぜい戻ってからの記憶に頼るしかないと思うのですが、それでここまで現場の細部を説得力ある絵で再現したのは作家の並々ならぬ力量です。あとちょっとしたエピソード、特に初心者の労働者が、マスクをきつく締めすぎて気分が悪くなることがあること、現場の雇い業者の実態、短時間で仕事を切り上げざるを得ないため進まぬ現場の作業など、私などほとんど知らなかったことが実に具体的にわかりました。

作者は、確かに原発の是非や福島の今後については直接的には触れません。しかし、外部から根拠のない噂を振りまいたり、「福島は収束していない」と語ってそれで終わってしまう無責任な言動に対しては、現場で働く者の立場としてはっきりと批判しています。作業中に亡くなった労働者に対し、一部マスコミがまるで現場の責任か被ばく事故のように報じたことを、全く根拠がないと一蹴し(死因は心筋梗塞)、地獄のように言われる現場でもそれなりに落ち着いた日常があり、業務として作業が続いていること、そして何よりも「福島は収束していない」という言説に対し「ああそうだよ、だから俺たちはここにいる」と言い放つセリフを読んだ時、こういう時こそ「労働の誇り」という言葉がふさわしいのではないかと思いました。


反原発→推進派を描く映画「パンドラの約束」公開 ロバート・ストーン監督に聞く

反原発→推進派を描く映画「パンドラの約束」公開 ロバート・ストーン監督に聞く

環境保護派がなぜ原発容認に

かつて反原発主義者だったものの、原発推進派に転じた知識人たちの声を集めた米映画「パンドラの約束」が19日から全国順次公開される。ロバート・ストーン監督(55)は産経新聞のインタビューに応じ、環境保護の観点や、他国への過度なエネルギー依存を避けるためにも、原発推進が必要だと強調した。(ニューヨーク 黒沢潤)

--なぜこの映画を製作したのか

「私自身、かつて反原発主義者だった。しかし、われわれはこの25年間、二酸化炭素排出の問題を十分に解決できないでいる。そうした中、原発容認派に転じた多くの環境保護派らに興味を持った。クリーンなエネルギーの多くは今、原発から来ているということを私たちは認識する必要がある。成長を続ける世界が必要とするエネルギーは毎日増え続けている」

--環境保護以外に原発が必要な理由は

「ロシアは今、天然ガスへの支配を強めている。われわれは長らく外国へのエネルギー依存に目を向けてこなかったが、ロシアのやり方を見て、この問題を考えるようになった。フランスや日本が原発に依存するのは、エネルギー依存の観点から正しいと思う」

--風力、太陽光エネルギーの重要性は

「特定の分野で効果を発揮しているが、地球全体でみれば十分な量ではない。中国やインドを見れば分かるように、世界のエネルギー消費量は急増しており、近い将来、化石燃料を風力や太陽光、潮力エネルギーに代えることはできない」