カテゴリー

人は放射線なしには生きられない~第9回放射線防護研究会シンポジウム報告記事紹介

人は放射線なしには生きられない~第9回放射線防護研究会シンポジウム カリウム40による内部被曝こそ生命活動の根源

2013年11月24日(日)、日本青年館で、「人は放射線なしには生きられない」をテーマに、第9回放射線防護医療研究会が開催された。放射線防護研究の第一人者である高田純教授(札幌医科大学大学院医学研究科)や放射線ホルミシス研究の権威である服部禎男氏(元電力中央研究所理事)らが講演し、福島県民の放射線被曝のモニタリングや放射線医学の最先端の情報を提示した。

福島県民の被曝、宇宙飛行士より圧倒的に少ない値

「放射線ゼロがいい」は、現代物理学を知らない人の言葉。放射線がゼロならそもそも宇宙も生命も存在しない。高田氏は、そう述べ、放射線被曝による身体的影響の事例をあげた。

例えば、上空ほど電離放射線による被曝は強くなる。宇宙飛行士は1日あたり1mSv(ミリシーベルト)を浴びるが、とくに健康に悪影響はない。

2011年の福島第一原発事故での福島県民のヨウ素131による甲状腺被曝線量は最大で35mSv、外部被曝線量は10mSv以下、セシウムによる内部被曝は99.98%が1mSv未満で、宇宙飛行士よりも圧倒的に少ない値と高田氏は指摘。


渡部昇一(上智大学名誉教授)服部禎男(元電力中央研究所原子力担当理事)対談

「反原発」ならバカでも言える

渡部昇一 上智大学名誉教授

服部禎男 元電力中央研究所原子力担当理事 対談(歴史通 2014年1月号掲載)

 

爆心地ではアリもミミズも生きていた-永井隆博士の科学する心を思い出せ!

広島も長崎も除染ナシ