カテゴリー

シンポジウム:人は放射線なくして生きられない 放射線防護医療研究会報告

放射線防護医療研究会ホームページに、11月24日に開催された研究会の報告が掲載されました。ぜひクリックしてご覧ください。

シンポジウム:人は放射線なくして生きられない

高田純、服部禎夫、川島朗、中村信仁、百瀬琢麿らが、第9回放射線防護医療研究会で11月24日報告、最先端の放射線医科学を大討論。低線量率放射線は健康に有益、 福島20km圏の強制避難は即刻解除すべき。前民主党政府が決めた立ち入り警戒区域地図はズサンな空間線量率調査で科学的な根拠なし。

同日、論文集「放射線防護医療9」が刊行。特別報告の浜岡原子力発電所および高速増殖原型炉もんじゅ再稼働に向けた取り組みを含む、全報告者の論文が収録されている。

日本の役割は大きく、研究の推進が、フランスおよびアメリカなど自由主義陣営から期待されている。

放射線議連、復活の牧場、福島を人道科学で支援する会より、ご来賓のあいさつをいただきました。研究会開催を支援くださいました企業の皆様に、熱く御礼申しあげます。また、放射エネルギーを得て、健康生活をされている皆様に、今回、多数参加いただきました。事務局のみなさん、とりわけ、完璧な事務準備をやり遂げた水谷さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

人は放射線なしに生きられない、健康増進を目指した低線量率放射線の医科学研究を推進してまいります。 (J)

http://rpic.jp/cgi-bin/topics/topics.pl?topicsid=00039

高田純 理学博士


汚染水の真実 ニューズウイーク日本版11月12日号記事紹介

先のニューズウイーク日本版11月12日号記事に、「汚染水の真実」という記事が掲載されました。「(日本)政府は汚染水について、国民を安心させるために、厳しい環境基準を設定、その結果、期待値を非現実的なレベルに上げてしまった」という趣旨のもので、誤解なきようできるだけ記事そのものを紹介します。

汚染水の語られざる真実

(リード・タナカ(元在日米軍司令官放射能問題顧問、デービット・ロバーツ(物理学者、元駐日米国大使科学顧問)

(前略)

原子炉内に残る核燃料も使用済み燃料プールに保管されている燃料棒も、11年秋以降は安定している。急造の冷却システムがうまく機能しているからだ。4号機の使用済み燃料プールから燃料棒を取り出して、作業員が近づける場所に移す準備も進んでいる。放射能は自然に減っていくから、燃料棒が過熱する可能性は時間の経過とともに減少している。

その他の対策も、それなりに成功している。フィルターと建屋カバーによって空気中への放射性物質の拡散は遮断されているし、放射能物質を含んだちり粒子の再飛散も吸着剤によって最小限に抑えられている。

困難な条件下で大量の汚染水を封じ込める仕組みも、ある程度は有効に機能している。汚染水の大部分は現在、建屋の地下、各種トレンチ(地下道)、専用のタンクや貯水池にためられている。

しかし、このような封じ込めの努力は、地下水と雨水という容赦ない自然の力に脅かされている。汚染水の量が増え、漏水のニュースが度重なって、すべての汚染水をいつまでためておけるのか、そもそもためておくのは賢明なのか、ということを考えなければならない。

当面の重要問題は汚染水漏れだ。しばしば混同されていることだが、地下水によって運ばれる放射能汚染の問題と、タンクなどからの漏水問題は性質が異なる問題だ。


書籍紹介 高田純著 復活の牧場 報告2013 震災元年から始まった福島県浪江町での生命の科学調査

書籍紹介

復活の牧場 報告2013 震災元年から始まった福島県浪江町での生命の科学調査

高田純(理学博士 札幌医科大学教授)著

放射線防護情報センター発行

 

本書を開くと、まず鮮やかなカラー写真が目に飛び込んできます。最も印象的なのは、浪江町での牛たちの、しかも元気で健康としか見えない姿です。著者は、大震災直後の平成23年4月に福島県二本松市を調査に赴いたとき、浪江町に残してきた牧場の牛たちの様子を調べに行きました。その牛たちは著者によれば、1か月も放置されていたのに、急性放射線障害は全く見られず、人恋しいのか著者に寄り添ってきました。

戦争中の上野動物園での、象をはじめ多くの動物たちが薬殺された悲劇を描いた「かわいそうなぞう」という童話は多くのひとがご存じと思います。勿論悲しい話ですが、戦争中、空襲の危機のある中、やむおえない処置だったのかもしれません。しかし、震災後の福島では、多くの家畜たちは、必要もないのに死に追いやられていきました。その中で、著者の協力者である山本幸男氏をはじめ、浪江町の和牛改良友の会は、通行許可証をもらっては現地の牧場を訪ね、牛たちの命を救ったのでした。


放射線と放射能を正しく理解する 市民講演会

12月22日(月)に大阪大学中之島センターにて開催される「放射線と放射能を正しく理解する 市民講演会」案内です。詳しくは下記画像をクリックして表示されるPDFファイルをご参照ください。

放射線と放射能を正しく理解する …

20ミリシーベルト以下で安全 規制委が指針(読売新聞記事)

原子力規制委員会が、東京電力福島第一原子力発電所事故で避難している住民の帰還に関し、1年間に被曝(ひばく)する放射線量が20ミリ・シーベルト以下であれば、健康上に大きな問題はないとする指針を今月中にまとめることがわかった。

 政府が長期目標として掲げる「年間1ミリ・シーベルト以下」が安全の目安ととらえられているため、科学的な知見を示して不安の払拭を図る。指針には20ミリ・シーベルトでは発がんリスクが十分に低く、適切な対策を取れば、リスクは回避できるとの見方が盛り込まれる見通しだ。

現地調査を行った国際原子力機関(IAEA)も10月、年間1~20ミリ・シーベルトの被曝線量は許容できるとした報告書をまとめている。

指針を受けて、政府は正確な線量を把握するため、携帯式の個人線量計を配布する。保健師などが住民の健康相談に乗る「帰還支援センター(仮称)」も各市町村に設置する方向だ。

(2013年11月8日03時06分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131107-OYT1T01511.htm この点について、日本放射線影響学会のホームページから、質疑応答の形で述べているものをいかに引用いたします。 …

動画紹介:「脱原発」は、日本経済衰亡の禍機 科学と法と人倫に違背する

「脱原発」は、日本経済衰亡の禍機 科学と法と人倫に違背する<避難&賠償>、 福島強制避難の抜本見直しを問う: 渡部昇一、中川八洋、中村仁信、高田純  10月13日東京シンポジウム