カテゴリー

第3回放射線議連勉強会報告「食品中の放射性物質の基準値について」

第3回放射線議連勉強会報告 「食品中の放射性物質の基準値について」 (平成25年10月23日 衆議院第2議員会館第5会議室) 講師:大阪大学名誉教授 中村仁信

衆議院第2議員会館第5会議室にて議員勉強会は午後4時、西田譲衆議院議員の司会で開会しました。まず、放射線議連会長平沼赳夫衆議院議員が挨拶、今日本では感傷的な放射能への恐怖感のみが強調され、放射能は悪であるという認識が高まっている、しかし自分は、冷静で科学的な見地の中で、人類は放射線と付き合っていかなければならないと考えていると述べました。

続いて放射線の正しい知識を普及する会の加瀬英明代表代行が、放射線の安全基準について、科学的な見地からただしていくことが必要だとあいさつした上で、中村仁信教授の講演会が始まりました。

中村氏はスライドを使いつつ解説し、自分はこれまで放射線防護について学び研究してきたが、今日は、食品中の放射性物質の基準値を中心にお話をしたいと講演をはじめ、まず、現在日本が取っている基準値は理屈に合わないということを説明しますと述べました。 そして、現在の新基準値は年間5ミリシーベルトであった暫定基準値が、1ミリシーベルトいう厳しい基準値になった、これはアメリカやヨーロッパと比べても10分の1以下という厳しい基準値であること、そして、このような基準値については、国際規約としてのコーデックス委員会が定めた基準があり、それによれば、飲料水、牛乳、食品、乳幼児用食品が全て1000ベクレル/キログラムと定められている、例えば米国はこのすべてを1200ベクレルと定め、EUは飲料類と牛乳は1000、食品は1250、乳幼児用食品は400と定めている、それに対し、日本は、飲料水10、牛乳50、一般食品100、乳幼児食品50とされている、これほど厳しい基準値にする必要が果たしてあるのだろうかと疑問を呈しました。

そして、これほどの基準値にしてしまった結果、、これまでは何の問題もなく市場に流通していた青森県のキノコに、120ベクレル/キログラムのセシウムが検出されたことで出荷制限になり、同じレベルのものならば世界中で食べられているのに出荷制限がかかったこと、また、横浜市では一個当たり1ベクレル以下の冷凍ミカンが破棄されるなどの事が起きている、そして、この基準値を出してからさらに厳しい基準値を出す生協、一部スーパーなどの「自主規制」まで起き、厳しい基準の引き下げ競争などが起きている。これに対し、福島大学の佐藤理教授は、「基準値が下がれば安全が達成できるのではなく、安心できないレベルが下がるだけだ」と述べており、ある意味、風評被害や、せっかくの安全な作物の覇気が起きるだけだという現実を批判しました。

そして、食品安全員会はこの事態をどう考えているのかと中村氏は続け、この委員会は、どちらかと言えば冷静な議論をしてきたと、毎日新聞2011年3月29日の記事を紹介しました。それによれば、放射性セシウムの基準は、年間10ミリシーベルトまでは健康に影響はないということでほぼ一致し、暫定基準値が5ミリシーベルトですからこれは厳しすぎる、10ミリにしようといったん決めたのに、事務局は現状をさらに甘くすると世論の風当たりが厳しくなることを恐れたのか、5ミリを10ミリに挙げるというのはやめてほしいと言ったようで、事務局に押し切られた形で5ミリシーベルトという基準値を出したようだ、しかしながら、その5ミリシーベルトに対しても、当時の小宮山大臣から、いや、1ミリシーベルトとするようにという指示が出て、結局この厳しい基準値となってしまったと、中村氏は冷静な議論よりも政治的判断が基準値に当てはめられたのではないかと中村氏は述べました。


映画「パンドラの約束」監督インタビューを紹介します

映画『パンドラの約束』特別インタビュー  なぜ環境保護派が原子力を支持するのか 2013年8月28日(水)09:00

(WEDGE)

――福島の事故をどう見ていますか。

「パンドラの約束」の製作中、私は福島の避難指示区域を訪れ、自分自身の目で、そこで何が起きたのかを確認しました。気候崩壊を防ぐ取り組みに必須なエレメントとして、原子力エネルギーを支持する立場のひとりとして、福島を訪ねることは、ひどく心がかき乱される思いでした。端的に言って、福島原発事故は決して起こってはならないことでした。また、事故を引き起こした人為ミス、すなわち不十分な防波堤と海抜の低い位置に非常用の発電機を設置していたことに対する説明や謝罪はみられません。

日本各地の原子炉は、千年に一度という最強レベルの地震の中でも特段問題ありませんでした。一歩前に進み、このことが思い出されなければなりません。


週刊プレイボーイインタビュー記事「原発作業員マンガ家が語る本当の『いちえふ』」

現在発売中の週刊誌「週刊プレイボーイ」第48巻40号(2013年11月4日号 10月21日発売)53ページに、福島原発作業員でかつ漫画家の竜田一人氏のインタビュー記事が載っています。以前このホームページでも紹介いたしました漫画作品について、そして福島の現状についてですが、興味深いものですので一部引用させていただきます。

「(竜田)私は原子炉建屋とは別の廃棄物建屋という、燃料プールを冷却する配管が通っているエリアで点検や交換作業をしていました。1メートル離れたら線量が全く違うこともあって、現場では個人線量計と放射線監理員だけが頼りになります。」

(質問)作業員の被ばく線量は年間50ミリシーベルトですよね。

(竜田)今、50ミリシーベルトの限界まで働かせる会社はないと思います。大体20ミリシーベルトでしょう。私の場合、最終的に半年で18ミリシーベルトくらいになりました。それも毎年4月にはリセットされて、また20ミリシーベルトに達するまで働ける。」

(質問)年度ごとにリセットされるというのも変な話ですが

(竜田)不思議ですよね。私はまだ今年の分が残っているので、行こうと思えば行けるんです。(中略)現場では、キャリーオーバーを認めてほしいなんて冗談すら聞こえてきますから。高線量の方が金はいいし、長く働けばその分稼げる。(中略)作業員はあくまで目の前の作業に淡々と向かうだけです。そこには原発賛成、反対もない。」

(質問)作業員の単純なミスによるトラブルも頻発しています。

(竜田)熟練労働者の不足も原因であるように思います。私のように技術もないような人間ならいくらでもいるでしょうけれど、クレーンのオペレーターや難しい溶接作業ができる作業員は少ない。そうした作業技術を持った人が、規定の被爆線量に達して現場を離れざるを得ないというのは深刻です。」(中略)

(竜田)私自身、意識としては今も漫画家というより作業員なんです。可能ならまたあそこで働きたい。そして現場で起こっていることをそのまま伝えたい。廃炉作業はこれからもずっと続くけれど、できることなら、1Fが廃炉になる最終回まで描き続けたいですね」


第9回放射線防護医療研究会のお知らせ

第9回放射線防護医療研究会は、皆さまにご支援ご理解を頂き、 昨年に引き続き、東京で開催することとなりました。 ご参加いただけたら幸いです。 詳細は下記の通りです。

参加の受付締切は11月1日です。 日時 平成25年11月24日(日) 10:00~17:00 場所 日本青年館ホテル 東京都新宿区霞ヶ丘町7-1 主催 放射線防護医療研究会 代表世話人 高田 純 参加費 2000円 論文集 放射線防護医療9 含む …

ラムサール(イラン)の真実

 世界には自然放射線が非常に高い地域があることはよく知られている。中国広東省陽江、インドのケララ、ブラジルのガラパリなどが有名であるが、中でもイランのラムサールが最も高く、平均で日本の24倍である。つまり、福島の高放射線地区以上の自然放射線に常時さらされているのである。そればかりではなく、地域によっては年間260ミリシーベルトにもなるのである。  1ミリシーベルトが、体に悪いとか、土壌の除染作業を大金をかけてやろうとかしている国の人からしたら、そんなところに住んで大丈夫なのか、すぐにでも避難すべきだ、と言いたくなるだろう。でもこの人口3万余のカスピ海に面するラムサールの地は、風光明美なだけでなく、どちらかというと長寿の人の多いところと一般にいわれている。  そういうデータもあるということを聞いてはいたが、このほどチャールズ・サンダース博士の著『放射線ホルミシスとLNT仮説』(Radiation Hormesis and Linear-No-Threshold Assumption)という本で、ラムサールのことを研究した論文が、いくつかあることを知った。4つほどの論文の結論は、1)高放射線の有害な影響は観察されない、2)ガン発生率が高いというデータはない、3)むしろ発生率が低くなっている調査結果がある、4)高放射線地区の方がむしろ肺ガンの発生率が低いという調査結果が出た、といったものである。  4つの研究論文の概要は、次の通りである。

「ラムサールの高自然放射線地域:住民は安全と感じているのか?」7人のイランの大学(主としてバボル大学)研究者の共同研究2006年、International …

本日発売の「週刊モーニング」に、福島原発作業員の日常と誇りを描いたいいマンガ「いちえふ」が掲載されました

本日10月3日発売の、「週刊モーニング」2013年10月17日号に、福島第一原発で実際に作業員として働いていた方の書かれた「いちえふ 福島第一原子力発電所案内記」という漫画が掲載されています。この漫画は原発や放射能について直接的に論じたものではありませんが、実際に作業した方にしかわからないリアリテイに満ち溢れており、ぜひお読みいただきたい作品です。コンビニや駅の売店などで手軽に買うことができますので、ぜひ手に取ってみて下さい。

著者の竜田一人氏は福島の生まれではなく、地震当時、仕事がなかったこともあり進んで福島第一原発での作業員に応募しました。台詞には「今回の事故について放射線について自分なりに調べてみれば、一部のマスコミや市民団体が騒ぐほどではないと分かったし、彼らの言う福島の隠された事実みたいなものがあるとしたらそれを観て来てやろうじゃないかぐらいの気分になっていた」とあり、著者の冷静な視点と、表現者としての覚悟のようなものがわかります。(実際に作業に参加する許可が出たのは2012年から)

福島の被ばく線量について、また労働環境についても具体的に描かれており、いくつかの週刊誌に書かれたデマにも的確に反論していることや、作業員の汚染のチェックについては必要以上と思われるほど厳しく調べていることなどがわかります。特に漫画最終部で、「警戒区名物 放れ牛」こと、牧場から抜け出した和牛が別に奇形も見られず元気に増えていることにふれ「ほかの動植物も同様だ、彼らはこの禁断の地でむしろ自由にたくましく生きている」というセリフは胸に来るものがありました。

もちろん著者は科学的に専門知識がある方かどうかはわかりませんし、この個人の体験だけで福島のすべてを語るなという反論もあるでしょう。しかし大切なのはこの漫画のメッセージである、福島にも、原発作業員の方々にもごく普通の日常があり、それを誇りを持って生きていることでしょう。福島の希望はこのような作業員が支えていることを感じさせてくれる漫画作品でした(文責 広報 三浦)

本の紹介;「原発安全宣言」 中村仁信 渡部昇一対談 (株)遊タイム出版発行

原発安全宣言 中村仁信 渡部昇一対談 (株)遊タイム出版発行

本書は放射線に対する誤解や極端な危険視を、放射線医学の視点から解説した本で、対談形式のため大変読みやすいものとなっています。また、人間のDNAは自然状態においても自然の放射線や体内の様々な活性酸素により日々傷を受け、それを修復している状態にあること、原爆のような急性被ばくと、今回の原子力発電事故のような放射線物質の漏れによる慢性被ばくでは、後者の場合は修復機能が働くことを本書は指摘した上で、中村氏は放射線医学研究の実験結果を次のように語っています。

「(精子の精母細胞を使った実験では)10シーベルト(1万ミリシーベルト)もの高線量を照射しますと突然変異が起こります。ところが0.2シーベルト(200ミリシーベルト)ぐらいですと、照射しない場合と比べてほとんど差がない」

この現象を中村氏は「しきい値」の範囲内とし、低線量の放射線の場合はDNAは損傷修復ができるだけではなく、むしろその修復機能が活性化することで、ガンの発生率などが下がる傾向があると述べます。これは本書後半部でも、ホルミシス効果の根拠の一つとして再び論じられ、中村氏は医学の見地から、低線量放射線によりがん発生が抑えられること、免疫機能が高まることをマウスの実験、植物栽培の効果、実際の放射線治療の体験など様々な実例を挙げて説明しています。

同時に、小出祐章氏、広瀬隆氏らの余りにも極端で非科学的な言動についても的確に批判し、前者の放射線被ばくが子供に高い確率でガンを発生させるという発言は、1シーベルト(1000ミリシーベルト)の放射線を、しかも急性に浴びた場合の事であって現状には当てはまらないことを挙げるなど、恣意的にデータの一部を反原発の主張のために利用すべきではないとしています。

そして、広島、長崎の原爆投下の悲劇が特に日本に放射線に対する恐怖感を与えたことは確かだが、渡部氏はその後、広島・長崎は特別な除染をしたわけでもなく、また広島の海から取れた魚介類、カキなどはそのまま食べられていたこともまた事実で、それで大きな問題が起きたわけでもないこと、それに比べれば福島の汚染をあれほど騒ぐ必要があるかと疑問を呈しています。