カテゴリー

加地伸行 第四世代原発、残った希望(MSN産経ニュースより)

産経ニュースの記事を紹介させていただきます。加地伸行氏はご存知のように大阪大学名誉教授で東洋学者、儒教、中国文化についての様々な著書を執筆されておられます。

なお「パンドラの約束」DVDは今年10月31日発売予定です(アマゾン等)(広報)

立命館大フェロー・加地伸行 第四世代原発、残った希望

2014.6.22 03:02

 久しぶりに映画を観(み)た。アメリカのドキュメンタリー「パンドラの約束」である。

こういう大筋。原発反対の人物が問題を掘り下げてゆくうちに、原発が必要という立場に変わってゆく過程を描いている。

その人物とは、この映画の監督のロバート・ストーン。これまで反原発や地球環境保全などをテーマにして話題のドキュメンタリー映画を送り出してきた、実力派である。

この映画は、原発の歴史を明晰(めいせき)に示す。すなわち第一世代から発展して、現在は第四世代の開発が進む。問題の福島第1原発は古い世代であり、大量の使用済み燃料を出し処分に困るようになる。しかし、最新の第四世代の例えば高速炉は、クリアすべき技術的課題は多いものの、第一世代と同量の燃料で数倍の電力を生み出せ、放射性廃棄物を炉内で燃やせる。廃棄物の再利用をしており、古い世代の原発の問題点を技術の進歩で解決しつつある。


美味しんぼ」論争・科学者からの反論~非科学的な“風評加害”は許せません(高田純札幌医科大学教授論文)紹介

以下に、ネットで公開されている月刊VOICE掲載の札幌医科大学高田純教授の論考「「美味しんぼ」論争・科学者からの反論~非科学的な“風評加害”は許せません」の後半部を紹介いたします。高田氏は前半でこの漫画の問題点を説明しておられますが、さらに重要なのは、福島復興と帰還は可能であることを論じた後半部と思い、そちらを中心に紹介させていただきました(広報)

高田純(札幌医科大学教授)

(前略)

政府の誤推定では未来永劫、浪江町に帰れない

私は先述のように、東日本大震災の翌4月8~10日に福島県民の放射線衛生を調査しました。浪江町民から、残してきた牛たちを見てきてほしいといわれ、末の森に行きました。一人で畑の放射能測定をしていたら、遠くにいた20頭ほどの黒毛和牛たちが集まってきました。飼い主たちがいなくて淋しかったのでしょう。そのなかで下痢や脱毛など、急性放射線障害を示す牛は一頭もいませんでした。これは低線量率の証拠です。現地では、牧畜家の元浪江町議会議長の山本幸男さんに偶然出会いました。それ以来、牛たちの放射線衛生調査を継続しています。最大の悲劇は、政府による非道な殺処分です。牛3500頭、豚3万頭、ニワトリ44万羽、馬100頭が犠牲になりました。民主党政権から始まった風評加害事件はまるで中世の魔女狩りです。

誤解されるようですが、放射能は伝染病ではありません。放射能は弱まり、消滅する法則があります。半減期が短い核種ほど強い放射線を出しますが、最初に消滅します。半減期が約8日間の放射性ヨウ素は、すでに消滅しています。大気中および体内のセシウムも3年たったいまでは大幅に減少しています。

福島第一原発の境界敷地でも2日間の測定をしました。胸に装着する個人線量計で積算線量を確認すると、0.1ミリシーベルト。震災元年4月の2泊3日の現地調査では1日当たり0.05ミリシーベルトです。この低線量率は危険でないので、私は持参していた防護服とマスクを着用しませんでした。もちろん当日、私に鼻血はなく、脱毛もなく、いまも髪はフサフサです。

2年目の3月に、政府が年間50ミリシーベルトを超えると断定し、帰還困難区域と指定した浪江町末の森にある山本さんの自宅で、2泊3日の調査を行ないました。すると1日の実線量は0.05ミリシーベルト、年間17ミリシーベルトだったのです。政府の調査は畑での空間線量率を測り計算しているので、3倍くらいの過大の線量評価になっています。政府の誤った線量推定では未来永劫、浪江町には帰還できません。この地は政府が放置し、まったく除染がされていないのです。放牧地と自宅周辺の除染をすれば、すぐに年間5ミリシーベルト以下に改善できます。

5月14日、日本人初の国際宇宙ステーション船長を務めた若田光一さんが、半年ぶりに、ソユーズ宇宙船でカザフスタンの草原に帰還しました。そのときの映像をテレビで観ましたが、彼は至って元気そうでした。もちろん、鼻血は垂れていません。宇宙飛行士が、国際宇宙ステーション内で受ける線量率は1日1ミリシーベルトです。この線量率は、地表の平均値の30~300倍です。今回の若田さんの場合は188ミリシーベルトになります。


原発ドキュメンタリー映画「パンドラの約束」を見て想うこと(生活者主権の会ホームページより)

「生活者主権の会」ホームページhttp://www.seikatsusha.org/に、下記の原稿が掲載されました。

著者のご了解の上、紹介させていただきます。

(広報)

原発ドキュメンタリー映画「パンドラの約束」を見て想うこと

東京都文京区 松井 孝司

福島第一原発作業員の日常を描いた漫画『いちえふ』第一巻発売(講談社)

福島第一の日常、元作業員が漫画に 異例の初版15万部

朝日新聞デジタル 4月26日(土)16時20分配信

 東京電力福島第一原発の作業員の日常を描いた漫画「いちえふ」が話題だ。昨秋から漫画誌「モーニング」(講談社)で連載が始まり、23日に発売された単行本第1巻は、無名の漫画家としては異例の初版15万部を出荷。声高な主張はなく、作業員の目から見た「福島の現実」を、克明に、淡々と記している。 作者は竜田一人(たつたかずと)さん(49)。大学卒業後、職を転々としながら漫画家としても活動してきた。転職を考えていたころ、東日本大震災が起きた。高給職場を求めつつ、日本に住む者としてできることはないかとの思いもあり、2012年6月から半年間、地元で「いちえふ」と呼ばれる福島第一原発で働くことになった。

作品の特徴は微に入り細にわたる描写だ。敷地内に入り作業を終えて出るまでの、マスクや防護服といった装備、放射線量のチェック手順などは、まるでマニュアルのよう。作業前の「ご安全に!」といったかけ声や、被曝(ひばく)線量のチェック装置から4回目の警告音が鳴ると作業終了という、経験者こそが知る細部も描かれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140426-00000033-asahi-soci

以前にもこのホームページで紹介しました、福島の問題をあくまで現場の労働者の立場から描いた『いちえふ』という漫画が出版されました。この漫画を読んで驚くのは、現場の様子が実に克明に記され、安全確認がどのようになされているかがよくわかること。当然現場で写真など撮影できるはずもなく、メモもせいぜい戻ってからの記憶に頼るしかないと思うのですが、それでここまで現場の細部を説得力ある絵で再現したのは作家の並々ならぬ力量です。あとちょっとしたエピソード、特に初心者の労働者が、マスクをきつく締めすぎて気分が悪くなることがあること、現場の雇い業者の実態、短時間で仕事を切り上げざるを得ないため進まぬ現場の作業など、私などほとんど知らなかったことが実に具体的にわかりました。

作者は、確かに原発の是非や福島の今後については直接的には触れません。しかし、外部から根拠のない噂を振りまいたり、「福島は収束していない」と語ってそれで終わってしまう無責任な言動に対しては、現場で働く者の立場としてはっきりと批判しています。作業中に亡くなった労働者に対し、一部マスコミがまるで現場の責任か被ばく事故のように報じたことを、全く根拠がないと一蹴し(死因は心筋梗塞)、地獄のように言われる現場でもそれなりに落ち着いた日常があり、業務として作業が続いていること、そして何よりも「福島は収束していない」という言説に対し「ああそうだよ、だから俺たちはここにいる」と言い放つセリフを読んだ時、こういう時こそ「労働の誇り」という言葉がふさわしいのではないかと思いました。


書評 「放射線は怖い」のウソ いちばん簡単な放射能とDNAの話

書評 「放射線は怖い」のウソ いちばん簡単な放射能とDNAの話

著者 服部禎男 かざひの文庫発行

本書は2011年8月に、武田ランダムハウスジャパンから発行されたものに、今回加筆し再発行されたものですが、本書を読みなおす時、2011年段階では東日本大震災直後ということもあり、全国民的に放射能への恐怖感があふれていた時代に、著者があくまで冷静にかつ平易な文章で、日本国民に正しい放射能への知識と、過剰な恐怖は根拠がないことを伝えていたことが分かります。

本書は質問形式で、当時国民に蔓延していた恐怖感をできるだけ網羅し、それぞれに根拠がないことを具体的に説明していきます。例えば、福島産の市場に出回っている作物や乳製品が全く安全なものであること、子供さんたちを外で遊ばせても何の問題もないこと、核兵器の爆発と原子力施設の今回の事故とを比較することも、また、チェルノブイリと比較することも全く根拠のないことなども、最初の発売当初は大変勇気のいる発言でした。しかし、大地震から時間が経過した今、完全に偏見が払しょくされたとは言えませんが、以上の面での本書の主張の正しさはしだいに国民に共有されつつあると言えましょう。科学的に妥当な言論は、時間がたてば必ず常識として国民に共有されてゆくという事実ほど、私たちに勇気を与えるものはありません。

そして本書は、平易な解説書でありながら、質問者との会話を通じて、最新の放射線研究についての入門書としての役割も果たしています。「放射能って、ちょっとでも怖いんですよね?」という問いに対し「それは全然間違っているよ。放射能はね、元々自然界に存在するものなんだ。しかもね、人間をはじめ、生物は放射能がないと生きていけないんだよ。」から始まる答えは、私のような科学的知識のない人間にも大変よく分かる解説がなされています。また、私たちがよくコンビニなどで買って飲んでいる名水には通常の20倍のラドンが含まれていること、それを飲んでも何の問題もないことなど、実例を挙げてユーモラスに紹介する本書の語り口は読み物としても楽しませてくれます。


私はなぜ、原発支持に転向したのか ―自らの眼で確かめ、自らの意思で決断せよ!- ロバート・ストーン(映画監督)

 ロバート・ストーン監督制作の『パンドラの約束』は、アメリカではCNNのプライムタイムに放映されるなど、注目を浴びております。日本での4月の上映が待たれますが、月刊『致知』1月号にインタビュー記事が掲載されておりますのでご紹介します。(「意見・判断」連載28)

クリックすると閲覧用のPDFファイルを表示します。

 「ラジオ・ビキニ」でデビューしたストーン監督は、反原発、環境保護を訴える作品を一貫して制作してきたのですが、なぜ今回、正反対の考えに転向した作品をつくったのでしょうか。  一番大きな影響を与えたのは、環境保護運動のパイオニアであり、アメリカでは知らない人がいないくらい伝説的な人物である、スチュアート・ブランウン氏が、原発支持に転向したことであるといいます。映画には、彼が登場してその考えを説明します。  核廃棄物問題についても、電力の80%を原発で賄っているフランスですが、発生した廃棄物は、1メートル四方で長さ10メートルほどの燃料棒となり、バスケットボールのコートくらいの広さの貯蔵所に収められているといいます。フィンランドの大げさな廃棄物処理場をみて、「廃棄物の出口がない原発」という観念に短絡して取りつかれた小泉元首相ですが、是非この映画を見てこういう事実を知っていただきたいものです。それでも未だ誤った自説を変えないとしたら、知的誠実性、もしくは知的誠実性が問われます。  11月18日のこの通信でご案内したように、原発は化石燃料発では言うまでもなく、太陽光発電に比べても5倍も安全なのです。(単位発電量当りの死者) 最も安全な原発ですから、普通の頭で考えれば、推進すべし、ということになるはずですが、「脱原発」などというバカ気た主張がまかり通っているというのは、異常としか言いようがありません。自分の眼で確かめに加え、自分の頭で考えることが大事ではないかと思います。  マス・コミが余り伝えていませんが、原発支持への転向は、世界的な流れの中で起こっていることでもあります。国際的な科学者の組織「放射線の正確な知識のための科学者連合」(Scientists for …