カテゴリー

【記事紹介】福島の住民がさらされている放射能は、考えられているよりもずっと少ない

「Science」掲載の記事を紹介いたします。

福島の住民がさらされている放射能は、考えられているよりもずっと少ない カトリーヌ・コーネイ 2017年1月23日 

 シチズン・サイエンスは、通常はここまで個人的にかかわらない。2011年の日本では、東北大震災と、それに伴う津波の後、壊滅した福島第一原発の付近に住む6万5千人の市民が、被曝量の検診を受け始めた。放射線の量を測るといえば、従来は地上数百メートルを飛ぶ航空機から測定器を利用するしかなかったのだが、この従来からの方法がどの程度正確であるかは、専門家にも確信を持てる人はいなかったからである。今では、この類の研究の最初の成果が出始めており、科学者たちは、数千人の市民の検診結果を分析して、驚くべき結論に達した。日本のこの地域の航空機観測は、真の放射線量を4倍に過大に見積もっていたのである。  「この研究者たちのしている作業は、非常に重要である。被曝した可能性のある一人一人の人のサンプルを集め、検査する統計的な試みを行っているからである」とコーヴァリスのオレゴン州立大学原子科学技術研究所の公認健康物理学者キャサリン・ヒグリーは述べている。 原発事故の後で、放射線被曝量を検査するとるというのは異例のことである。地域の住民が避難してしまう場合もある。線量計という個人用の測定器を配布する費用と手間に堪えられない場合もある。ウクライナのチェルノブイリなどの事例では、個人の被曝状況の数値を集めた研究も行われたが、それでもやはり限界があった。調査対象とすることができたのは、少人数の村落ばかりであり、事故現場から遠く離れ、時間的にもはるか後になってから行われたものが多かった。飛行機を使う方が簡単で、費用も安く、作業も迅速に運ぶことがしばしばだった。  しかし、福島第一原発の第六原子炉から60キロしか離れていない伊達市では、事故から数か月経たないうちに、地域の役人たちが放射能測定キャンペーンを始めた。仁志田昇司市長が推進の中心人物だった。仁志田市長は、国際原子力機関の2014年の総会で(IAEA)、伊達市の放射能のレベルは、近隣の自治体と同程度ではあるが、避難命令を出すつもりはないと説明した。「我々は政府に依存すべきではなく、独自の行動を取らなければならない」と仁志田市長はこの総会で述べた。市長は、伊達市が独自の除染作業と住民一人一人の放射能被曝量の測定を始めるように命令を出した。2011年5月には、このプロジェクトに10億円の予算を計上した。 …

当会の『放射線安全基準の最新科学 福島の避難区域と食品安全基準』が出版されました

当会の『放射線安全基準の最新科学 福島の避難区域と食品安全基準』が出版されました。 世界各国の放射線科学の第一人者たちが語る、福島と放射線の真実が収められた本です。 ぜひお買い求めください。     震災から5年。今こそ、誤った放射線に対する偏見と風評被害を克服し、放射線科学の最先端からのパラダイム・シフトをここ日本でこそ実現するための警世の書。 放射線に対する正しい知識による福島の復興と、日本のエネルギー問題の解決に向けて世界の科学者が提言する一冊。 ISBN …

チェルノブイリの真実は明らかになったのか?(フォーブス記事)

Will the truth about Chernobyl ever come out?

   …

「東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命」を読んで(『鶯乃声』平成28年2月号掲載)

以下の原稿「『東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命』を読んで」は、宗教法人念法眞教機関誌『鶯乃声』平成28年2月号に掲載されたものです。

  大阪大学名誉教授・彩都友紘会病院長 中村仁信

はじめに  広瀬隆氏が著した「東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命」(ダイアモンド社)を手に取ってみた。「これから日本で何が起こるかを予測してゆきたい。はっきり言えば、数々の身体異常と、白血病を含む癌の大量発生である」とある。  同書の論拠になっているのは、ヨーロッパ放射線リスク委員会(ECRR)の予測で、それによれば、「福島第一原発から100キロ圏内では、今後50年間で19万1986人が癌を発症し、その内半数以上の10万3329人が今後10年間で癌を発症する。それより遠い100~200キロ圏内では、今後50年間で22万4623人が癌を発症し、そのう内半数以上の12万894人が今後10年間で癌を発症する」と言う。更に、日本の高い人口密度を考えると200キロ圏内で50年間に40万人以上が放射能によって癌になる、としている。そして現実に、福島県内では18歳以下の甲状腺癌の発生率が平常値の70倍を超えていると指摘する。  又、広瀬氏は、ECRRを信頼し、その予測を鵜呑みにする一方、国際原子力機関(IAEA)、国際放射線防護委員会(ICRP)を巨悪と呼び、IAEAもICRPも軍需産業によって生み出された原子力産業の一組織であって、彼らの定める安全基準値は医学とは無関係であるとまで言い切っている。広瀬氏からみれば、原爆と原発は双子の悪魔であり、原水爆も原子力発電も黒幕である国際的な金融支配者と軍需産業が支配し、その危険性を隠しているということになる。 …

ウオールストリート・ジャーナル 2015年12月1日記事 放射線に関する規範の変更

ウオールストリート・ジャーナル 2015年12月1日記事 放射線に関する規範の変更

合衆国の規制当局は、放射線安全基準を根本的に変更か

地球温暖化対策に関し、オックスフォード大学名誉教授のウエイド・アリソン氏は、今週のパリでの気候サミットにおける全ての提案よりも、より現実的なアイデアを抱いている。即ち、原子力発電所からの公衆及び従業員に及ぼす放射線量の許容上限を、従来の1000倍に増やすことである。

パリに集まった政治家達は、サミットのホスト国(フランス)が、一人当たりの所得では20位なのに温室効果ガスの排出では50番目である事に気づくかもしれない。その訳は周知のとおり、フランスは総発電量の75%を原子力によって賄っているからである。フランスは、他の国々が1950年代以降、核戦争の恐怖と大気圏内核実験に関連する理由から、放射線の被曝は量に比例して常に危険であるという裏付け無きドグマ(LNT仮説;訳注)に.縛られてきた中も、その潮流に抗して原発を推進してきた。

このドグマ(LNT仮説)とは、簡単に言えば、秒速1フィートで発射された弾丸が、あなたを殺す確率は、秒速900フィート(現実に45口径オートマティックの発射速度)の場合の900分の1であるというようなものである。この直線閾値なし(LNT)モデルとして知られる仮説によれば、チェルノブイリや福島の事故は何千人もの癌死を招くという予測になるが、現実にはそうなっていない。

スエーデンはチェルノブイリの事故後に行われたトナカイ肉のほぼ1年分の供給量の廃棄処分は不必要であったと、2~3年前に最終的に認めた。 2013年に日本においては(東日本大震災:訳注)被爆――それは健康影響は殆どなく、例えばフィンランドの住人が、日常的に受けている量より少なかった――を避けるためとして強制的に避難させられた人たちのうち、1600人もが失わなくてもよい生命を(自殺や必要な医療を受けられなかった事を含んで)断たれた。

2001年にはアメリカの当時の原子力規制委員長が、チェルノブイリ事故に起因し得る白血病の過剰な発症は認められなかったことを認めた。

1980年代の台湾で、放射性コバルトによって汚染された鋼材を再利用した1700のアパートが建築された。2006年の調査で同アパートの居住者たちの癌罹患率は通常よりも低く、研究者達は放射線の推定危険率を再考する事によって、原子力発電施設の運用において、数十億ドルの費用が削減可能であり、原子力発電所の建設ももっと容易に出来るであろうと述べている。


「われわれは愚かだった」 米有力紙が“反省” 誇張されすぎた被曝リスク(WSJ記事)

「われわれは愚かだった」 米有力紙が“反省” 誇張されすぎた被曝リスク

 東京電力福島第1原発事故以降、放射線被曝リスクに対し、過剰に恐れる極端な反応もみられ、混乱と迷走を続けてきた。そうした中、米有力紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が12月3日付で、「原子力のパラダイムシフト」と題して、被曝リスクは誇張され過ぎているとした上で、「われわれはどれほど愚かだったのか」と自戒する記事を掲載した。その理由と背景は何か。被曝リスクについて振れ過ぎた針を戻す試みが、海外から出てきている。(原子力取材班)

WSJの名物記者が執筆

記事を執筆したのは、WSJ編集委員で、コラムニストのホルマン・ジェンキンス氏。同紙のホームページによると、ジェンキンス氏は1992年から同紙に所属、97年には、金融や経済分野で優秀なジャーナリズムをたたえる「ジェラルド・ローブ賞」を獲得している同紙の名物記者だ。現在は週に2回、「ビジネスワールド」という欄を担当し、今回の記事もそこに掲載された。

記事ではまず、パリで開催されていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)を題材に、フランス国民一人当たりの所得が世界20位にもかかわらず、温室効果ガスの排出量はなぜ、世界50位なのかという問いを投げかけている。

答えは、フランスが電力の75%を原発でまかなっているからである。その上で、記事は「『放射線被曝はいつも被曝量に直接比例して危険である』という根拠のないドグマ(独断)に、世界は1950年以来、屈服してきた」と指摘する。

ジェンキンス氏はこのドグマを「秒速1フィートで発射された弾丸で死ぬ確率は、秒速900フィートで発車された弾丸で死ぬ確率の900分の1だと言っているものだ」と皮肉っている。

LNT仮説の欺瞞性

この記事が議論しようとしているのが、「閾値(しきいち)なしの直線仮説」(Linear Non-Threshold=LNT仮説)と呼ばれるものだ。


放射線が本当のリスクでない時 2015年9月21日 ニューヨークタイムス 科学欄 ジョージ ジョンソン

ニューヨークタイムズに、当会のSAMRAI2014が紹介されました。

放射線が本当のリスクでない時

2015年9月21日 ニューヨークタイムス 科学欄   ジョージ ジョンソン

今春、福島の原子炉事故から4年経って、少数の科学者たちが東京において、あの恐ろしい事故のその後の危険性を討論する会合を開いた。 

誰も放射線によって、死亡したり病気になったものはいなかった――この点は先月IAEA(国際原子力委員会)によって確認された。福島の原子力発電所関連の従業員の間でさえも今後この事故の関連で癌になる人の数はあまりに低くて計る事が出来ない、統計的な雑音の中に埋もれてしまうと言う事である。 


「決定版 福島の放射線衛生調査」ご紹介

 「決定版福島の放射線衛生調査 低線量率だった福島の真実と20km圏内の復興」をご紹介いたします。  当会の高田純 札幌医科大学教授によって執筆された本書は、放射線防護学、放射線衛生学の専門家として、福島第一原子力発電所の放射線影響の全貌の解明に取り組んだ過程と結果を、全ての被災者と国民に示すことを意図したものです。  部分ではなく全体像を、迷信ではなく科学をもって、平成に起きた福島放射線災害を認識する放射線の正しい知識が今ほど大切な時代はありません。日本ばかりか、21世紀の世界の文明を大きく切り開くのが、放射線の正しい知識です。

主要目次 第1章 福島緊急時の個人線量 第2章 3.11あの日から 第3章 4月 東日本緊急放射線衛生調査 第4章 県民国民の心配に応える震災元年の取り組み …

書評「福島を原発の風評被害から救え」 中村仁信

書評「福島を原発の風評被害から救え」 中村仁信

 

 本書は一般書籍ではなく、宗教法人念法眞教発行の「鶯乃声」平成26年7月号から12月号に連載されたインタビューを編集したパンフレットです。東日本大震災以後の様々な風評についての過ちと、放射線の基礎知識を学ぶためのわかりやすくかつ総合的な入門書となっており、このホームページでも紹介させていただきます。

 

第一章の「放射線に対する誤解や勘違いを正す」の冒頭にて、中村先生は「これまでも、これからも、放射線による被害が出ることはありえない」と明確に言い切っています。国連が、百ミリシーベルト以下の低線量は問題ないとみなしていること、アメリカにおける50州のうち8州の平時の平均被ばく線量は2・7ミリシーベルトを超えているのに、癌の死亡率はむしろ他州より低いことなどの実例を挙げ、現在の日本が1ミリシーベルトにこだわる必要はないことをまず実証的に指摘しています。そして、放射線を浴びた後での人体のメカニズムを、活性酵素によるDNAへの損傷と、それを修復しようとするときに生じる突然変異だと説明した上で、だからと言ってこの突然変異がガンの発生に直接結びつくとは言い切れないこと、放射線に関わりなく人間の細胞には一日当たり数万単位でDNA損傷が起きていることなどを挙げ、冷静な議論のための基本を学ばせてくれます。

 

その上で、放射線を浴びることにより免疫力が低下し、癌になりやすいという俗説に対し、それは高線量の被ばくで起きることで100ミリシーベルト以下の場合はむしろ免疫力が高まるという実験結果もあること、「線量率」と「線量率効果」、つまり一瞬のうちに高線量を浴びることと、1年かけて浴びることではまったく意味が違うことなど、この問題を考える上での基礎的な知識が示されます。

 

その上で第2章「放射線の現在、子供の被ばく、甲状腺がん」では、ベクレル、シーベルト、グレイなど、中々素人にはわかりやすい単為が説明されたのち、ベクレルとは放射線を出す能力、放射線の強さを表す単位であり、現在敷かれている食品や水の放射能規制は余りにも厳しすぎることが指摘されます。


福島第一原子力発電所の労働を描いた漫画「いちえふ」(第2巻)発売

福島第一原子力発電所の労働を描いた漫画「いちえふ」竜田一人著(第2巻)が、講談社より発売されました。本書でも主人公は地震後の現場での作業を淡々と、しかし漫画に絶対必要なユーモアを交えて描いていますが、第二巻では、工場現場だけではなく、取材を受けたときの思い出や、現地での著者自身によるボランテイアライブ(昔の歌が得意で施設のお年寄りに大変喜ばれたらしい)などのエピソードも盛り込まれて味わい深い一冊となっています。

特に印象的だったのは,この漫画を描いた後受けた取材のこと。

「体調はいかがですか」と聴かれ、「むしろ福島へ行く前より健康なくらいです」と答えて、大体の質問者はこれで案人事てくれるのだが、ただ一人、極端な質問を繰り返した人がいたとのこと。

「顔色が悪くて、頬もげっそりしておられるように見えますが、それはやはり放射能の影響で?」

さらに何を話しても「以前よりおやつれになられたのでは?」と繰り返され「以前の俺のこと知らんだろ!もともとこんな顔なんだよ」と切れそうになったそうです。ここでは著者は、汚染水も騒ぎすぎの面があるとか、オリンピックの聖火リレーを国道6号線でやったらどうかとかまで語ったらしいのですが、全くそれは無視されたとのこと。

また「過酷な現場で搾取されたのですね、常人にはとてもあの過酷な場所は・・・」と、最初から結論ありきの取材があり、それに対し「いやいや、働いているのは、みんな普通のおっさんですから」というと「そんな普通の方々の危険な被ばく労働の上に成り立っている職場なのですね」と、これまた結論に強引に結び付けられてしまったようです。

また、特定秘密保護法案について意見を訊かれたことがあって、実はその取材者が、漫画そのものも読まず、原発についての最低限の知識もない人だったこともあったとのこと。これは新聞からの取材だったようです、マスコミの方々は是非考えてほしいのですが、こういうのは取材じゃないです。著者は漫画で表現しているのだから、まずその内容について質問してほしい。

今も続く福島原発の作業が終わるまで著者は関わり続けると語っています。この第二巻もぜひお読みください。漫画としても、機械や作業現場のち密な描き方と個性的な作業員の姿など大変面白く読めるものになっています(三浦)